跳ねるインク

ピックアップ

オフィスに一台

ホワイトボードは軽量で運びやすいため、黒板よりも向いています。最近ではデザイン性のあるホワイトボードが増えているのでオフィスや自宅でもマッチするタイプがあるかもしれません。

新品よりも安い

リサイクルトナーは新品のトナーよりも安くで購入できます。トラブルの確立が高いからという理由で安いですが、サービスの内容によってもさらに安くなる可能性もあります。

互換性という第三刺客

純正のトナーが高くて購入できない、トラブルが多いからリサイクルトナーも使いたくないといううときは、互換性トナーがあります。ネットなどで購入した方が、送料無料で安く購入できるかもしれません。

短期なら有利になる

ビジネスホンはオフィスを新設した際に必要になります。購入するよりもリースで契約した方がお得になりますが、長短期間だとリースは向いていません。レンタルならリースよりも月額が高いですが、いつでも解約できるメリットがあります。

純正より圧倒的に安い

正規品との価格さは最大で10分の1

オフィス用品として、コピー機とFAX機が、合体している複合機が便利でしょう。しかし仕事でよく使う分だけ、インクも消耗します。トナーのリサイクル品である、リサイクルのトナーは、経費節減に役立ちます。その安さの価格というと、正規トナーの、3分の1から10分の1になります。これだけ安さが実現すると、正規品でないと、いけないという固定概念が揺らぐでしょう。そしてオフィス用品として、使うトナーカートリッジですが、経費支出として値段がはるのが悩みの種でしょう。万が一にして、正規品との比較を、検討する場合もあるでしょう。ほとんで懸念するような、品質の差異は、比較的なくなって来ています。そのなかでも、複合機本体への、互換性の悪さなどへは懸念されるでしょう。それでも十分、リサイクルトナーの、役割りは品質保障できるのです。

まずは試しにリサイクルトナーを較べてみよう

経費の節減や購入代価の、値引きを検討すると、リサイクルトナーは使用に耐え得るのが分かるでしょう。そうはいっても、不況のなかの、会社経営には予算も抑えたいものです。もともとオフィス複合機の、正規トナーは、2、3万円という高価さです。まさにあっという間に、消耗してしまう、補充品を毎回2、3万円かけるのは大変でしょう。人気の理由は、ともすれば1年内で、10万円に到達する経費の削減が目的なのです。オフィス複合機への、型番合わせなどをして、販売実績のあるリサイクルトナーを注文してみましょう。現行品をと、比べ合わせてみて下さい。仕様や質感など、較べてみて大丈夫そうなら、印刷仕上がりなどをみましょう。正規品とそれほど、変らなければ、経費節減対策になります。